おすすめリンク

現場監督の求人について

現場監督になるには、どういった経験や資格が必要なのか?また求人について詳しく説明をします。

宅建資格取得に向けて

宅建とはよく耳にしますが、具体的にどのような資格で、宅建士の人たちはどんな仕事をしているのでしょうか。

まず、「宅建」とは宅地建物取引士の資格のことをいい、「宅建士」とはその資格を有する人のことです。宅建は1958年に設立された国家資格です。

試験は1年に1度実施されますが、合格率が15%程度と低く、難易度の高い資格試験です。しかしながら毎年およそ23万人が受験しており人気の高い資格試験の一つです。

宅建が人気の理由は、不動産業界では特に優遇される資格であるからです。不動産業界への就職、転職の際に宅建を保有していると有利ですし、入社した後に任される業務の幅が広がり、スキルアップや昇給及び昇格につながります。また企業には専任宅建士の設置が求められていことも、宅建士が重宝される理由の一つです。不動産売買の会社だけでなく、ハウスメーカーや不動産管理会社への就職にも有利です。

また、不動産業界以外の業種でも、宅建士が優遇されることがあります。例えば完成物件の販売まで手がけることのある建築業界や、不動産担保で貸付を行う金融業界などです。

このサイトでは、難易度が高い宅建試験の概要や傾向、スケジュールについて案内していますので、申込み前にチェックしておきましょう。
また、宅建資格を取得して給料アップする方法、ダブルライセンスでキャリアアップをする方法についても触れていますので確認してキャリア形成にお役立てください。

人気の国家資格「宅建」とは

宅建は、キャリアアップや就職、転職に有利な資格ですが、合格率が低く難易度の高い国家資格です。取得するためにはそれなりに努力をする必要があります。 このページでは、宅建の出題範囲と、例年の傾向及び学習法について解説しています。事前に確認して賢く学習するようにしましょう。

不動産業界で活躍する宅建士

宅建は必置資格であることから不動産業界で厚遇されています。その為業界未経験での就職、転職をする際にも非常に有利な資格です。不動産業界とひと言で言っても不動産の営業以外にも、不動産仲介ビジネス、不動産投資ビジネス、マンション管理などの職種が存在します。宅建士は不動産業界の様々な所で活躍しています。

こんな業界でも役立つ宅建

「宅建」というと、不動産業界でしか使えない資格だと思われがちですが、実は不動産業界で働いている人は、宅建合格者のうち3分の1程度しかいません。宅建は不動産業界以外の業界で役に立つこともあります。 その中には建設業と宅建業両方の免許をもつ「ゼネコン」や不動産担保融資を行う「銀行」などがあります。