人気の国家資格「宅建」とは

宅建取得の傾向と難易度

宅建試験の出題範囲は多岐に渡ります。具体的には下記4科目の分野から出題されます。
・宅建業法
・権利関係
・法令上の制限
・税金その他
平成29年の宅建試験では、問題数は50問で35問以上正解した人が合格しています。
また、昨年は受験者数209,354人に対して合格者数32,644人(合格率15.6%)でした。

合格率を見て分かる通り、宅建は不動産と法律の両方の知識が求められる難しい要素を含んだ試験です。
これまで不動産業界で働いてきた、宅建業法や法令になじみのあるような人ならともかく、一から試験勉強を初める人にとっては難易度の高い試験といえます。
また出題の際に使われる法律は、毎年4月に制定されるものを適用しているため、法改正への対応も求められます。

宅建合格のコツ

宅建試験は7割以上(50門中35門以上)正解すれば合格できます。
宅建合格のコツは満点を目指さないことです。
過去の傾向を掴んで賢く学習しましょう。

宅建試験は、宅建業法、権利関係、法令上の制限、税金その他の4分野から出題されます。分野ごとの出題傾向は下記のとおりです。
■宅建業法:約20問■権利関係:約14問■法令上の制限:約8問■税金その他:約8問 
出題範囲が広い上に、聞き慣れない言葉ばかりで難しそうなイメージを持ちがちですが、過去の出題傾向を見ると宅建業法、権利関係だけで約34問出題されています。
その為、最初から広い出題範囲全てに全力を注ぐのではなく、まずは「宅建業法、権利関係」は8割(27問)正解、「法令上の制限、税金その他」は5割(8門)正解を目指してみるようにしましょう。